ベッドでPCを操作する女性

稼ぎながら学べる一面も

在宅で受けることができる仕事は非常に多岐にわたります。副業にはピッタリといえるような簡単なお仕事から翻訳などある程度の知識が要求される依頼があります。そういった依頼をこなし続けることで少しずつ英語力も上がり、仕事効率も上がってきます。

スーツの女性

記事一覧

「実は在宅で副業をした方が普通のアルバイトよりも儲かる?」の記事一覧です。

通勤には様々なコストが…

PCを見ている女性

高度経済成長が終わり、右肩上がりの給料は崩壊しました。
ネットが浸透し、今やどこでも副業ができる条件が整っているにも関わらず、意外に知られていない在宅(主にweb)での副業についてご紹介します。

■まだ通勤して小銭を稼ぐ?

副業といえば、店舗や会社など就業場所へ通勤するイメージが浸透しています。
人との出会いや、やりがいを求めるのであれば別ですが、本当の目的はお金を稼ぐことのはず。副業の選択肢として、多くの方は「時給」が判断基準になりますが、単純な時給だけで計算すると損をする時代なのです。
本当の時給とは、家を出てから帰るまでの時間さらには職場へ行く準備も含まれます。
通勤で片道40分なら往復で80分。外出準備に1時間かかればそれもカウントです。
また組織に属する以上、不要な飲み会やお土産などの費用だって発生するかもしれません。
それら全てを含めた時給を計算すると、唖然とする金額になるのでは?

■在宅のメリット
上記の通り、通勤には見えないコストがかかります。
ところが在宅の場合、たとえ単価が安くても、通勤もなければ身支度も不要。
外出用の衣服も必要もありません。つまり、単価が純粋な収入として直結します。
そして、時間配分も自分に裁量がある場合が多いので、そうした付加価値も見逃せません。
パソコンやスマホさえあれば、日本中の仕事ができるのですから、はっきり申し上げて、これまでの働き方が無駄としか言いようがない時代に突入したと言えるでしょう。

職種も多岐に渡り、必ずあなたにぴったりの副業がありますので、まずは調べてみてはいかがでしょうか?